ヘッダー

引越し業者の選び方

元々引越しは面倒なものです。例え新築マンションや新しい一戸建てに引越すとしても、いろいろな手続やしなくては行けないことが山のようにあるためです。
そんな山のような作業の中で、引越し業者の選定はほんの一つの項目にしか過ぎません。おまけに引越し業者は有名なところが幾つかのもあるので、エイヤで決めようと思ったらほとんど悩むことはありません。


そうです。いろいろやらなくては行けない作業の中で、ある意味引越し業者の選定は一番簡単に決められる項目の一つであると言えると思います。
エイヤで決めて、見積もりに来てもらえばあっという間に話は進んでいきます。引越し業者はプロなので、手際よく話を進めてくれるはずです。


それに何となく有名どころの引越し業者ならどこも料金は余り変わらないんじゃないかというイメージもあって、余り真剣に業者選定をすることも少ないような気がします。
でも、ちょっと待って下さい。


引越しは手間は確かに掛かりますが、費用もかなり掛かります。そしてその掛かる費用の最大は引越し業者に払う費用なんです。
ここで手を抜くか抜かないかで、実は費用に大きな影響が出てくることを忘れてはいけません。


更に、引越し業者は各々独自のサービスメニューを用意していますので、上手く利用できれば幾つかの手間を引き受けてくれることもあるんです。そうなると引越し業者選定は重要になってきますね。


それに幾つかの引越し業者に相見積もりを依頼してみると、ネットでは分からないことも見えてきます。
明らかな料金の違いもそうですが、隠れサービスのようなものもあるんです。例えば務めている会社が契約していたりすると、引越し業者から作業人員一人を無料で追加サービスがあったりするんです。


これは実際あったことで、確か3社で相見積もりを依頼したところ、その内の1社からそのサービスが利用できることを知らされ、結果そこに決めたことがありました。
引越し当日にわかったことですが、その引越し業者は作業者に必ず一人女性を入れるようにしているようで、そうすることで他の男性作業員の作業が全体的に丁寧になるとのことでした。


それ以外にも新品の専用スリッパを持参することで部屋の廊下などが汚れないようにする(特に女性客には喜ばれるとのこと)、
作業終了時には作業者の手際や態度がどうだったかを本部に伝えるように電話を渡される、
荷物にモレがないかを最終的に確認を依頼される、などの細かい配慮が好印象でした。聞けば、その引越し業者の社長が女性とのことで、これらの配慮は直接指示されているようでした。感心したのを覚えています。


結果的に、その引越し業者を選んだのは正解で、もし次があれば有力候補だなとも思ったものでした。
勿論他の引越し業者もいろいろ工夫をしていると思いますが、なかなか体験は出来ませんので、一度このように好印象を受けると、その影響は大きいですね。


引越し業者に限らず、サービス業はちょっとした心遣いや従業員(作業員)に対する教育というのが本当に大切だし、そう言うことに力を入れているところは是非利用したいと誰もが思うことでしょう。
一般的に、大手の引越し業者は安心確実だけどそこそこの料金。中堅の引越し業者はサービスで頑張って料金も安い。といったイメージがあります。


引越し業者の選定一つで掛かる費用も大きく変わるは確かですが、それだけではない、気持よく引っ越しが出来る業者を選択したいものです。
そのためには、やはり幾つかの引越し業者で相見積もりしながら、直接話を聞く機会を持って、現実的な料金比較とともに、いろいろなアピールポイントの中から自分に合ったものを選んでいくことが大切だと思います。

引越しの基礎知識